朝日工業グループとは?

こんな仕事がある(業種紹介)

製造から販売までを一貫して行う朝日工業グループでは、お客様にご満足いただくため、品質の向上・新商品や新技術の開発・顧客サービスの向上に日々努めています。
朝日工業グループの製品を「もっといいもの」に、「もっと喜ばれるもの」にして、「もっと多くの人達」に愛されるために、社員一人一人が熱い想いを持って自らの役割を遂行しています。

鉄鋼製造の仕事

循環の輪を繋ぎ続ける

空にそびえる高層建築物、インフラを支える道路や橋梁。人の目を引く建造物の裏に、朝日工業の鉄鋼があります。施工が簡単な ねじ節鉄筋「ネジエーコン」が現場の高度な要求に応えています。
様々な場面で使用される鉄を再生して、また違う場面で生かしていく。朝日工業の鉄鋼製品は、お客様の要望に応える高品質な商品を提供しています。

鉄鋼製造のお仕事

製鋼工場にて鉄スクラップを溶かし、精錬と呼ばれる高度技術により高品質な半製品(ビレット)を製造します。
圧延工場では半製品を延ばし細い径から太い径の鉄筋等の鉄鋼製品を製造し、建築・土木など多岐に渡る用途で使用されます。
製造工程では電力や天然ガスなどの大量のエネルギーが必要です。
我々は、そのエネルギーを最小限に抑える技術を持っています。
そして、より高度な技術でこれからも品質を追求して行きます。

肥料製造の仕事

より使いやすく、より安心を

「有機肥料をもっと使いやすく」を合言葉に生まれた、朝日アグリア独自製法による「有機アグレット」。
使いにくかった有機質肥料を、簡易に扱える粒状にする技術を確立しました。
朝日アグリアの肥料製造は、その卓越した開発力と安定した製造技術で、プロの生産者の方々から家庭菜園を楽しむ方まで、満足いただく製品を作っています。

肥料製造のお仕事

粒になりにくい粉の原料を、扱いやすい形に成形する。設備そのものも重要ですが、それをコントロールする人の技術が、製品の良し悪しを決めます。
ラインを万全に整える技術担当、状況を都度把握・修正してクオリティを保つ技能担当、規格外製品を見逃さない品質担当。そんな製造に関わる一人一人の熱い想いを、肥料の一粒一粒に込めていく。
朝日アグリアの肥料製造とは、そういう仕事です。

営業の仕事

満足をお届けする信頼できるアドバイザー

お客様と最前線で活動する営業担当。その内には「物が良いだけでは売れない、最後に売るのは『人』なんだ」という熱い闘志を秘めています。売るものは違っていても、想いは同じ。その製品の価値を最大限に生かしていただくためのアドバイスを行い、お客様に満足をお届けする、そんな信頼を勝ち取るために、今日も全国を飛び回っています。

営業のお仕事

お客様の声を聴き、製造が込めた製品への想いをお客様にお届けする。そのための様々な提案やアドバイスを行い、またニーズを開発に繋げて生かし、最終的にお客様へ満足をお届けするのが営業担当です。
鉄鋼の営業担当は商社や施工業者・施工現場に、肥料の営業担当と種苗の営業担当はJAや農家に、特販の営業担当はホームセンターに、乾牧草の営業担当は酪農家に。場所や商品は違っても、お客様に喜んでいただけるよう、ベストマッチの提案に汗を流す。
朝日工業グループの営業は、そういう仕事です。

開発の仕事

苦悩の先にある光を目指して

後追いではいけない、自己満足では受け入れられない。新しい商品や技術を求めて、開発業務は止まることなく歩みを進めていきます。様々なお客様の要望に応えるだけでなく、常にニーズの一歩前を行き、新しい需要を切り開いていくことを目指して、今日も「創造」に励んでいます。

開発のお仕事

簡単に施工でき、工期短縮の一翼を担う鉄鋼建設資材の「ネジエーコン」や「スクリュープレート工法」。家畜糞を、どこにも先駆けて肥料原料として世に送り出した肥料事業の「エコレット」。農家を悩ます病気への耐病性と味の良さを備えた種苗の大玉トマト「有彩(ありさ)」。
朝日工業グループの開発精神が生み出した製品の一部です。
長い道のりを、方向性を定め、一歩先を目指して地道に進む。生みの苦しみに耐えた後、創造の歓喜に沸く。
朝日工業グループの開発は、そういう仕事です。

スタッフの仕事

「挑戦と変革」を求めて

事業という枝葉を伸ばすためには、強い根と幹が必要です。スタッフは、根や幹として事業全体や会社全体を支える強さを要求されます。そしてその強さは「常に変革すること」で維持・発展できるのです。問題点はどこにあるのか、この先何が必要か。より強くなるため、常に自らの挑戦と変革を続けています。

スタッフのお仕事

「事業企画」は事業全体のため、「管理本部」は会社全体のため、様々な交渉や調整、提案を通して、枝葉がより伸びるように水や栄養を確保し補給し続ける役割を担っています。
ルーチンワークは重要だけど、それだけでは根や幹は強くなれない。自ら様々な挑戦をし続けて、変わっていくことで強さが得られる。常に「挑戦と変革」を求めて歩んで行く。
朝日工業グループのスタッフは、そういう仕事です。