SDGsSDGs

植物を持っている少女

朝日ビジネスサポートのSDGs

朝日工業グループは、「地球環境や地域社会への貢献を何より大切にし、みなさまから愛され続ける企業」を目指し活動し、SDGsに積極的に取り組んでいます。
そして朝日ビジネスサポートは高齢者、障がい者など多様な方々が、一般の労働者と区別なく働ける環境を実現できるよう努力しています。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットで構成され、貧困、差別、気候、環境の悪化、繁栄、平和と正義を含む私たちが直面するグローバルな課題に取り組み、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。また、国のみならず企業にも主体的に取り組むことが求められており、朝日工業グループは『SDGs』の目標達成に向けて以下の内容に取り組んでいます。

SDGs
  • 飢餓をなくすために

    子ども食堂や訪問介護者に食材を提供

    売店で取り扱っている冷凍食品を、子ども食堂やお年寄りの世帯に民間団体を介して提供しています。
    また、消費期限の近付いた野菜や冷凍食品を地域の社会福祉協議会に寄付することで、食材廃棄ロスを減らしています。

    飢餓をなくすために
  • 健康経営への取り組み

    快適な職場環境の整備

    朝日工業グループは2022年度に引き続き「健康経営優良法人2023」に認定されました。経営理念に基づき従業員への健康投資を行うことにより従業員が心身ともに健康な状況で働ける環境をつくり、結果的に企業価値向上につながると考えています。

    健康経営への取り組み
  • 電解水生成装置で水質改善に貢献を

    環境にやさしい電解水生成装置の販売

    電解水は塩と水のみで生成され、洗剤や化学薬品の使用量を削減できるため洗濯や除菌の際に環境負荷を低減することが可能です。
    この電解水を使用した洗濯事業を行なっており、洗剤・お湯の使用量を削減した環境に配慮した洗濯を行うことで、環境負荷低減に貢献しています。

    電解水生成装置
  • 誰もが安心して働くことができる職場へ

    ダイバーシティ&インクルージョンの推進
    高齢者、障がい者が安心・安全に働くことができる
    職場環境の整備

    国籍や性別、年齢、障がいの有無を問わず、一人ひとりの可能性や成長を後押しし、誰もが活躍できる風土の構築を目指しています。
    障がい者や高齢者については、個々の特性を考慮して勤務時間や出勤日数、業務内容を決定しているため、一人ひとりが無理なく勤務できるような体制を整えています。

    安心して働くことができる職場へ
  • 職場に緑と草花で潤いを

    事業場内での緑地整備

    埼玉事業所構内の緑地管理や朝日フラワーガーデンの植栽整備を行っています。

    職場に緑と草花で潤いを
  • ペーパーレス化への取り組み

    朝日工業グループのペーパーレス化へ貢献

    グループのペーパーレス化に伴い、グループ各社の文書電子化・保存を請け負い、紙の使用削減に貢献しています。

    ペーパーレス化への取り組み
  • 「パートナーシップ構築宣言」の公表

    企業規模や系列を越えた新たな連携の実施

    サプライチェーン全体の付加価値向上に向け、取引先と共存共栄できる関係の構築を目指し、望ましい取引慣行の遵守や、取引関係の適正化に積極的に取り組んでいます。

    パートナーシップ構築宣言

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0274-52-6411​(平日09:00〜17:00)