• ホーム
  • ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

朝日工業株式会社は、株主・投資家の皆様に、適切な情報を適時・適切に開示することを基本方針とし、積極的なIR活動を行っています。

ディスクロージャーの基本方針

当社は、東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠して重要事実を開示しています。また、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資判断に影響を与えると思われる決定事項、発生事項などをできるだけ速やかかつ公正に情報開示することを方針としています。

情報の開示方法

情報開示にあたっては、東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠して重要事実を開示するほか、証券取引法におけるインサイダー取引規制上の公表措置が完了した後、当該情報をすみやかに本ウェブサイトに掲載します。また、適時開示規則に準拠しない情報についても、適時開示の趣旨をふまえて、タイムリーかつ公平に資料配布または本ウェブサイトに公開するなど、速やかに開示していきます。なお、本ウェブサイトに掲載されている情報は、ほかの方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もありますのでご了承ください。

沈黙期間について

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、当社は決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表します。

その他

本ウェブサイト上の掲載情報につきましては、下記ページに掲載している免責事項もあわせてご参照ください。

免責事項