朝日工業グループとは?

スペシャリティ・特長・こだわり

朝日工業グループの「ものづくり」に対するこだわりが育んできた『高い技術』と『探究心』。それを更に発展させ、次世代に引き継いでいく。それが循環型社会の担い手としての『スペシャリティ』です。

資源循環型社会の担い手として、『スペシャリティ(明確な強み)』を持つ会社へ

~高品質へのこだわりをもって技術・開発力を更に強化し、

『スペシャリティ分野(強みを有する分野)』のリーダーを目指す~

鉄鋼事業のスペシャリティ

高い技術に裏打ちされた高品質と品揃え

様々な建築物に使用される鉄筋の中で、近年需要の増えてきた高強度鉄筋や太径鉄筋。不純物が多ければ作れないこれらの鉄筋を、朝日工業は従来より培った高い技術で、ニーズに応える製品を高品質で提供しています。
様々な場面で、「ものづくり」に欠かせない「高品質で応える」技術が朝日工業にはあります。
また、工期短縮が可能なねじ筋鉄筋「ネジエーコン」を普及させることで、朝日工業のリサイクルの輪を広げていきます。
より安全・強固な建築物をリサイクルの輪の中で社会に提供していく、これが朝日工業の『スペシャリティ』のひとつです。

農業資材事業のスペシャリティ

時代を切り開いた技術と複合展開による多方向からの提案

朝日アグリアの卓越した造粒技術と原料開発が、丸い粒の有機質100%肥料を可能にし、未利用資源でもあった堆肥を活用した新肥料「エコレット」を生み出すなど、肥料の新時代を切り開いてきました。
更に耕種農業に必要不可欠な「種」と酪農に欠かせない「牧草」といった農業分野での複合的な展開により、今までになかった多方向からの提案が可能となっています。
新しい時代を切り開く技術と多様性、これが朝日アグリアの『スペシャリティ』のひとつです。