IR情報(株主・投資家の皆様へ)

適時開示に関する基本方針と社内体制について

適時開示に関する基本方針

当社は、株主をはじめとするステークホルダーに対する会社情報の適時開示の取り組みは、当社の経営にとって必要不可欠なものと考え、制度上の情報開示のみならず自主的な情報(非財務情報)の提供についても、当社ホームページなどを活用して積極的に取り組んでまいります。
また、当社ホームページや朝日工業グループレポートにおいて、専門用語の解説や写真の活用などにより、株主をはじめとするステークホルダーにとってわかりやすい情報を提供することに努めます。

適時開示に係る社内体制の状況について

(1)当社は、重要事実等の情報管理のため「内部情報管理規程」を制定し、重要事実の内部管理、開示を実施しております。

(2)当社の重要事実に関する情報は、経営会議決議によって選任された統括情報管理責任者および社内情報管理者が、その管理を行います。

(3)当社または子会社に係る重要事実の公表は、発生後遅延なく行うものとし、原則として代表取締役社長が開示いたします。

当社における決算情報、決定事実、発生事実等重要事実の開示までのフローは以下のとおりであります。