朝日工業グループ 健康宣言

中期経営計画

当社グループは、この度、2018年度を最終年度とする3ヵ年の中期経営計画「ASAHI2018 プロジェクト」を策定しましたので、お知らせいたします。

基本方針

資源循環型社会の担い手として、『スペシャリティ(明確な強み)』を持つ会社へ

~高品質へのこだわりをもって技術・開発力を更に強化し、

『スペシャリティ分野(強みを有する分野)』のリーダーを目指す~

スローガン

スローガン

経営指標

  2016年度 2017年度 2018年度
経常利益率(%) 4.5 5.3 5.7
ROE(%) 16.8 18.1 17.2
純有利子負債(億円) 82 87 80

※純有利子負債=有利子負債-現預金

計画数値

  2016年度 2017年度 2018年度
売上高(百万円) 33,000 36,000 37,000
経常利益(百万円) 1,500 1,900 2,100

事業戦略

当社が優位性を持つ技術・開発力を更に強化し、各事業におけるスペシャリティ分野(強みを有する分野)での リーダーを目指します。
また、当社事業を、基盤事業、収益事業、挑戦事業に分類し、経営資源の投下、事業ポートフォリオの見直しを適時適切に行ってまいります。
なお、2016年5月2日に公表しました通り、株式会社環境科学コーポレーション(環境ソリューション事業)は2016年5月31日をもって発行済み株式の全てをEurofins Environment Testing LUX Holding S.a r.l.に譲渡致しました。

 (基盤事業) 鉄鋼建設資材事業、肥料事業、砕石砕砂事業
 (収益事業) 乾牧草事業
 (挑戦事業) 種苗事業

(1)鉄鋼建設資材事業
   (重点施策)
    ●関東地区小棒生産販売数量トップグループの地位確保・堅持
     ・高強度鉄筋、太径鉄筋、ネジ節鉄筋への経営資源のシフト
     ・電力原単位の低減など本源的コストダウンの追求
     ・製品ポートフォリオの見直しなどによる生産性の向上

(2)農業資材事業
   (重点施策)
    ●種子と牧草というスペシャリティを持った肥料メーカーとしての発展
     ①肥料事業
      ・製造技術に強みを有する粒状有機質肥料の製造・販売数量拡大
      ・未利用資源活用による原料開発と、3工場一体運営による生産効率化
      ・中国における有機質肥料の製造・販売
     ②乾牧草事業
      ・アジアを中心とした需要拡大を背景に、安定した利益構造を持つ、ジョンソン朝日との一体運営
     ③種苗事業
      ・自社品種の開発と国内外への販売拡大

(3)砕石砕石事業(株式会社上武)
   (重点施策)
    ●埼玉県No.1 砕石メーカーの地位堅持
     ・新砿区確保による良質な製品の製造・販売拡大、シェア拡大
     ・強みである多品種・安定供給を活かし、底固い需要が見込まれる生コンクリート、アスファルト
     ・合材向け単砕・砕砂を販売

経営基盤強化戦略

(1)ガバナンス体制、業務執行における経営の刷新
   ・監査等委員会設置会社への移行
     →監督機能強化、経営の迅速性と透明性の向上
   ・事業部制を廃止し生産・営業の統括部を設置
     →効率的な組織運営
   ・関係会社への管理業務集約による業務効率化

(2)人財マネジメント
   ・執行役員制度の導入
   ・人事制度の改定

財務戦略

・安定収益による有利子負債の圧縮を通じて、財務基盤の再構築を図る

配当の考え方

・安定した利益還元の継続を基本
・連結業績および当社の資金需要、財政状態を総合的に勘案し決定
・業績の変動に符号した中間配当のあり方も検討

※中期経営計画について詳しい情報はこちら

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには Adobe Reader が必要です。(無料)

Adobe Reader のダウンロードはこちら